【講師】森・濱田松本法律事務所

弁護士
佐々木奏 氏
【略 歴 】東京大学法学部卒業、2003年弁護士登録(第二東京弁護士会)。知的財産分野全般及び各種訴訟・紛争案件を中心に幅広く取り扱う。近著に「情報・コンテンツの公正利用の実務」(青林書院)がある。

【開催にあたって】
M&A取引においてデュー・ディリジェンスを実施することは必須であるとも言えますが、実際にデュー・ディリジェンスを実施するに際しては、いかなる項目をどこまで掘り下げるのかは、取引規模、時間、費用等により制約を受けることになります。
特に、知的財産権は、この点が特に重要となる業界の企業等を除き、他の項目よりも優先度が低くなりがちですが、思わぬ落とし穴があることも少なくありません。
本セミナーでは、このような性格を持つ、知的財産デュー・ディリジェンスに関して基礎的事項に触れつつ、検討をするに際しての留意点を整理したいと考えています。

日時 2021年 1月 26日(火) 13:30~16:30  
102-0083 東京都 千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F
参加費
受付状況 申込受付中
対象 法務部門、知的財産部門、経営企画部門、経理財務部門など関連部門の方、M&Aご担当者ほか
主催
共催
201511
内容 1. 知的財産デュー・ディリジェンスが必要とされる場面
 (1)一般の事業会社の場合
 (2)ベンチャー企業の場合
 (3)知的財産が特に重要となる会社の場合

2. 知的財産デュー・ディリジェンスの目的とスコープ

3. 知的財産デュー・ディリジェンスでの具体的な検討項目と留意点
 (1)保有する知的財産
 (2)知財管理体制
 (3)ライセンスその他の契約
 (4)システム
 (5)職務発明
  (6)知財紛争


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。講義中のPCのご利用はお控えください。
備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 森・濱田松本法律事務所 弁護士 佐々木 奏 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F