【講師】ロジ

中国モノづくりの進め方コンサルタント
小田淳 氏
ソニー(株)において2016年までの29年間、プロジェクター、モニタ、プリンターの製品化設計を行い、15シリーズを市場に出す。4年半の駐在を含む7年間は、中国で日本の設計者と中国の部品サプライヤーとの橋渡し業務を行う。この中国経験において、日本人が中国で不良品や業務上のトラブルを起こすのを目の当たりにし、この原因が実は日本人側にも多くあることに気付く。それらの対処を自ら行うことによって体得した手法を体系化し、「世界で一目置かれる設計者の育成」の一翼を担うべく、2017年にロジを設立し「中国モノづくりの進め方コンサルタント」として研修やコンサルを開催する。

日時 2020年 7月 27日(月) 13:00~16:00  
102-0083 東京都 千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F
参加費
受付状況 申込受付中
対象 ・海外、主に中国の企業とWeb会議する方 ・話をして内容が伝わっているか不安の方 ・依頼内容が本当に実行されるか不安の方
主催
共催
201440
内容 1.「あうんの呼吸」に頼る日本人の現状
 (1)雑貨商の曖昧な指示が生む不良品
 (2)中国人とトラブルを起こす口語調の会話

2.仕事上のトラブルをなくす「2つのアプローチ」
 (1)2つの「~のハズ」は日本人の勘違い
 (2)トラブルの原因の7割は日本人
 (3)大切なのは「ヒト」と「コトバ」

3.中国の国民性を理解した仕事の進め方
 (1)「今は」出来ますの希望的観測
 (2)「私は」思うの強い自己判断
 (3)情報が担当者まで伝わらない理由と対策
 (4)中国でトラブルを起こす人と起こさない人の違い
 (5)ブラックボックス化する日本人の仕事とアップルの仕事の違い

4.日本語通訳に100%伝える会話術
 (1)会話で主導権を握る日本人の立場と責任とは
 (2)20%は理解していない日本語通訳
 (3)日本語通訳が分からない日本語
 (4)言いたいことを100%伝える会話術

5.確実に伝わる情報の出し方
 (1)打合せの進め方8つのポイント
 (2)メールの書き方8つのポイント

6.現地中国人が実践するコロナ時代のリモート会議テクニック
 (1)事前準備とリモートならではの基礎知識
 (2)正確な情報のやり取りのテクニック
 (3)理解し易い事前資料の作り方
備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 ロジ 中国モノづくりの進め方コンサルタント 小田淳 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F