【講師】ヒロ・ビジネス株式会社

代表取締役 公認会計士
広川敬祐 氏
1984年~1987年 青山監査法人(プライスウォーターハウス)勤務。1987年~1994年 英和監査法人(アーサーアンダーセン)勤務。1994年~1998年 SAPジャパン株式会社勤務。2007年~2012年 NTTデータ経営研究所勤務(契約社員)。1998年~(現在) HBS(Hiro Business Solutions)設立。日本公認会計士協会東京会幹事。【主な著書】「メタボ業務がスマートに! マネジメントをシンプルに変える」(パレードブックス)、「RFPでシステム開発を成功に導く本」(技術評論社)、「SEがはじめて学ぶ会計」(日本実業出版社)、「絵でみる 内部統制で仕事はこう変わる」(日本能率協会マネジメントセンタ)、「連結会計システムのPLAN-DO-SEE」(トムソンラーニング)

【開催にあたって】
内部統制報告制度(通称J-SOX)が施行されて10年以上経過しました。
しかし最近でも不祥事が相ついでいるため、各企業とも類似事件発生の防止の為、統制が強化されていることと思われます。
ところが、統制強化を施しつつも実態の統制は不祥事防止とは無関係の過剰統制と思われるものが散見されます。
承認権者が違っていた、証跡が不十分、ルールと異なる処理をしている等々。
そこで、本セミナーでは、このようなエラーが発覚したときの根本原因や効果的な改善策をご紹介します。
また2018年4月6日、日本公認会計士協会より「監査・保証実務委員会研究報告第32 号内部統制報告制度の運用の実効性の確保について」が公表されました。
その報告書では、内部統制報告制度に関して所期の目的を達成するような運用が定着しているのかどうかについて検討し、その結果が取り纏められています。
本セミナーではその報告書の内容を踏まえ、実際に公表された「重要な不備」の開示例を分析し、その原因や対処についても考察いたします。

日時 2020年 8月 25日(火) 13:00~17:00  
102-0083 東京都 千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F
参加費
受付状況 申込受付中
対象 内部監査部門等に所属され、本テーマについてご関心のある方々
主催
共催
201333
内容 1.内部統制報告制度の10年と最近の企業不祥事
 (1)J-SOXの成立背景と広川の私見
 (2)J-SOXバブルの頃に起こったことと誤解
 (3)最近の企業不祥事
 (4)不祥事発生防止のために行うべきこと

2. 開示された「重要な不備」の事例分析
 (1)公表された「重要な不備」の年別・要因別分析
 (2)公表された「重要な不備」例の提示とその考察

3. 不備の発生区分別の内容とその対策
 (1)整備不備と運用不備
 (2)全社的な内部統制
 (3)業務プロセス
 (4)決算・財務報告プロセス
 (5)IT統制

4. 監査法人との対応
 (1)公認会計士協会の活動内容
 (2)監査法人の組織と品質管理
 (3)三様監査の考察
 (4)監査人からの指摘への対応


※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 ヒロ・ビジネス株式会社 代表取締役 公認会計士 広川敬祐 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F