【講師】青山公認会計士事務所

公認会計士
青山恒夫 氏
横浜国立大学経営学部を卒業後、中央監査法人に入所。その後独立し、青山公認会計士事務所を設立。会計システムの構築や見直し、会計とITを組み合わせて経営者の意思決定に役立つ仕組みづくりを行うことを得意な業務分野とする。


【開催にあたって】

社内に眠っている膨大なデータを掘り起こし、データの分析可視化を行うことで、現在の可視化と未来の予測に役立たせる。その結果、迅速で的確な意思決定ができる組織に変革し、不確実性溢れる未来に対応でき、そうした混沌とした状況にあっても存続成長できる会社になるための施策を行う手法を解説します。


【趣旨】

Excel等の様々なデータ可視化・分析ツールを自在に使いこなすスキルを獲得することで、社内のデータを経営者のニーズに応じて自在に経営会議の場で展開し、グラフや帳票を表示させる。
そうして、経営企画部等の支援部門がデータの分析可視化帳票を元にいろいろな角度から経営管理者に質問し、気づきを促す。そして、経営管理者が新たな気づきを得る、そのためのスキルを身につけて頂くのが本セミナー開催の大きな狙いです。単なるExcelセミナーではありません。

日時 2022年 8月 18日(木)10:00~17:00  
110-0015 東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル
参加費
受付状況 申込受付中
対象 経営企画部門、経理部門、事業部企画部門など関連部門の方
主催
共催
221675
内容 1.データ分析可視化について
 (1)データ分析可視化の目的
 (2)データ分析可視化の種類
 (3)データ分析可視化で見えないものを見る
 (4)会社の実態、尊像成長を促進(阻害)する要因を見つけ改善する
 (5)データ分析可視化で得られる効果

2.データ分析可視化の手法
 (1)データ分析手法の概略内容の紹介
 (2)会社にはどんなデータがあるかを把握する
 (3)会社にとって必要なデータの体系を考える
 (4)データ分析を行えるデータに整備する
 (5)業種別の分析手法を理解する
 (6)データ分析に役立つ仕訳入力
 (7)月次比較できる会計データにする

3.データの種類を理解する
 (1)推移(トレンド)、最大値・最小値・平均値が基本
 (2)標準偏差(ぶれ)を理解する
 (3)全体の分布で考える

4.Excelでのデータ分析活用
 (1)データのビジュアル化に役に立つExcelグラフ
 (2)Excelテーブル活用

5.データのシミュレーションの基本(解説&演習)
 (1)CVP型PL&CF計算書で経営者と共同で未来のシミュレーションを行う
 (2)ゴールシークで目標利益&CFを達成する売上高を計算する
 (3)現状からあるべき未来設計をCVP型PL&CF計算書で設計する
 (4)シミュレーションで施策の効果と優先度を決定する

6.Excelデータテーブルで感度分析(解説&演習)
 (1)Excelデータテーブルで感度分析を行う
販売数量と人件費の利益への感度分析、適正な広告費のシミュレーション

7.会計ソフトの仕訳リストをExcelピボットテーブルに展開する(解説&演習)
 (1)データの整備(ゆらぎの修正、空白セルの削除等)
 (2)ビボットテーブルで使えるための会計仕訳リストの加工
 (3)会計仕訳のテーブル活用(条件抽出、並び替え等)
 (4)仕訳リスト(Excel)への新たな属性項目の追加(固定・変動、確定・不確定等)

8.Excelピボットテーブルの活用(解説&演習)
 (1)勘定科目の並び替え設定により、P/Lを作成する
 (2)ピボットテーブルの基本機能の理解(スライサー、レポートフィルター)
 (3)販売データのピボットテーブルでの分析

9.Powerピボットで複数ファイルのデータを分析可視化する(解説&演習)
 (1)複数ファイル(例:社員台帳、支給データ、勤怠データ)で人件費分析をする

10.PowerQueryでデータを整理する(解説&演習)
 (1)PowerQueryでデータを整備する
 (2)「グループ化」で地域&顧客分類&商品の売上高表示する
 (3)「条件列」で顧客をABC分類する 

11.PowerBIで経営ダッシュボードを作成する(解説のみ)
 (1)会社のデータ体系を理解し、KPIを設定する
 (2)PowerBIで経営に必要な帳票・グラフを一覧表示する

12.AIの回帰分析による未来予測を行う(解説のみ)
 (1)会社の過去データを教師データとして、未来予測を行う
 (2)未来予測の精度をデータ項目の拡充、データの精度アップにより向上させる
 (3)予算実績比較ではなく、予算予測比較を行い、事前に未来対応をする


【その他】
・会場参加される方はPCをお持ちください。
・具体的な操作手法については別途動画を作成し、参加者には閲覧できるようにします。 


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。講義中のPCのご利用はお控えください。
備考 会員 60,500円(本体 55,000円)  一般 66,000円(本体 60,000円)
講演者 青山公認会計士事務所 公認会計士 青山恒夫 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル