【講師】公認会計士・公認内部監査人・米国公認会計士(現在inactive) 藤井範彰公認会計士事務所

藤井範彰 氏
30余年の監査法人勤務の内、最初の約20年は会計監査に従事しつつ、E&Yから移ったアンダーセンでは米国流会計監査の研修講師としての活動や公認会計士協会本部の委員会活動(国際委員会副委員長、会計制度委員会副委員長、監査基準委員会委員他)にも専念。続く10余年は、内部監査、内部統制、リスクマネジメント、不正調査に特化し、アンダーセン消滅時に朝日監査法人代表社員を辞してPwC(中央青山監査法人)に移り代表社員も務めた後、J-SOXの制度化を前に招聘に応じて復帰した新日本監査法人(E&Y)で内部統制支援本部統括部長、ビジネスリスクサービス部長、FIDS(不正対策・係争サポート)部長等を歴任。2012年、シニアパートナーを早期退任し、ボルボ・グループで日本の内部監査統括を務め、同グループ会社UDトラックス㈱の監査役を7年間務めた後、現在は内部監査や不正対応・ガバナンス関連の講演や研修・執筆・アドバイザリー業務に従事。
最近の著書『内部監査のプロが書く監査報告書の指摘事項と改善提案』(同文舘出版2016年11月)で2017年度日本内部監査協会青木賞受賞。2019年9月同書第2版出版。他にも著書「経営者と会社を動かす内部監査の課題解決法20」税務経理協会2012年、論文「経営に資する内部監査のリスク対応~理論と実務で解き明かすリスクベースの監査対応」日本内部監査協会月刊監査研究2020年7月号、「内部監査のアシュアランスの本質論~ゼロベースで考える内部監査の監査意見の書き方」同誌2018年7月等多数。

 

 

お申込フォームにて「オンライン受講」「会場受講」のどちらかをご選択ください。





【開催にあたって】

内部監査では、法定監査のように決った監査基準もなく自由に監査対応ができるとは言え、経営に資する監査という本来の使命を果たすには、企業経営に適合した監査の手法や報告制度を自ら考案して実践に映すことが重要です。そうした内部監査の価値の多くは、その成果物たる監査報告書の出来映えで決まりますが、監査報告書の書き方に不備のある事例も良く見かけます。

一般に内部監査機能の中心は保証業務(アシュアランス)に置かれて、監査の結果は監査報告書によって正式に報告されます。こうした監査結果の最終的伝達はIIA(内部監査人協会)においてもアシュアランスの種類に応じた監査意見による報告が求められていますが、日本企業の監査報告書には、まともな監査結果の記載がなかったり、監査意見が記載されていても意見表明の書き方が実態にそぐわず理論的でない事例が少なくないようです。

法定監査のように詳細な基準への準拠が求められない内部監査においても、監査の進化・発展の前提として押えておくべき内部監査の基礎要件はあります。今回は、監査の最終成果物である監査報告から考えられる監査の基礎要件について、IIAの指針も考慮しながら各社の最終成果物のスタンダードの作成の参考になるように事例紹介を踏まえて理論と実務の両面からわかりやすく解説いたします。

日時 2022年 8月 19日(金) 13:30~17:00  
参加費
受付状況 申込受付中
対象 内部監査および内部統制部門、監査役、経営管理や経営企画部門の方、その他組織の監査機能の高度化に取り組まれている方々
主催
共催
221529
内容 1.内部監査報告書の構成要素と記載項目の実務論点
 ・監査の最終報告に関するIIAの指針と適用上の留意点
 ・監査報告書の様式と記載内容の検討事項
 ・指摘事項・改善提案を書くための一般的心得

2.監査報告書に散見される内部監査の基礎要件の不備
 ・監査の成果物としての監査報告書に見られる問題
 ・内部監査におけるアシュアランスとコンサルティングの使い分け
 ・子会社監査に見られる事例

3.監査意見の標準文書の設定
 ・IIAの規定による監査意見の種類と標準的文書の事例
 ・監査の目的と実際の作業に合わせた監査意見の書き方
 ・問題事例から理解する積極的アシュアランスの難しさ

4.指摘・改善提案を導くロジックの組み立てと記載内容
 ・コントロールの不全を押さえる改善提案の3つのパターン
 ・指摘事項に説得力を与える構成要素、リスクの記載要領など-
 ・子会社の経営監査などに見られる指摘や提案の事例

5.監査の内容に整合した改善提案型の内部監査のデザイン
 ・内部監査における標準的なアシュアランスの監査手順と内部監査固有の課題
 ・付加価値の高い監査報告にベクトルを合わせた監査作業の見直し
 ・監査報告会の位置づけと実施上の留意事項

6.内部監査報告のまとめ
 ・経営層にインパクトのある監査報告書の書き方の工夫
 ・業務監査の指摘事項と改善提案のポイント


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。


◆受講形式のご案内

【オンライン受講の方】


視聴用アカウント・セミナー資料は、原則として開催1営業日前までにメールでお送りいたします。
※最新事例を用いて作成する等の理由により、資料送付が直前になる場合がございます。

本セミナーはZoomを利用して開催いたします。

動作確認ページ

ネットワーク環境により(社内のセキュリティ制限等)ご視聴いただけない場合がございます。事前に上記「動作確認ページ」のリンクより動作確認をお願いいたします。



【会場受講の方】

お申込完了後、自動返信メールにて受講票をお送りいたします。

会場
『企業研究会セミナールーム』
〒110-0015 東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル

備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 藤井範彰公認会計士事務所 公認会計士・公認内部監査人 米国公認会計士(現在inactive) 藤井範彰 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
tamiaki@bri.or.jp
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル