【講師】知財務株式会社

古庄宏臣 氏
1989年 大阪ガスに入社 ガス導管部門に従事後、事業計画部門、情報システム開発部門の後、研究開発・知的財産部門にて知的財産業務に従事。知的財産を活かした新たな事業開発、オープンイノベーションを実施。2006年同社を退社し知財務株式会社設立。
企業が有する技術資産を既存事業とは異なる業界の新規用途に転用することを提案し、それを起点として新規事業を開発する支援を数多く手がける。この企業の技術力診断を通じて、①新規事業開発支援、②M&Aのための技術力評価を本業として実施している。
関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 兼任講師(2013年~現在)、(一社)発明推進協会・知泉会 会長(2017年~現在)、日本赤十字社の私的諮問機関委員に就任 (2019年)


【開催にあたって】

現代の厳しいビジネス環境では、後発で市場に参入しても成功するのは至難の業といえます。また誰もがビジネスチャンスと認識している市場領域に参入しても、その先にあるのは厳しい価格競争にさらされるレッドオーシャンです。後発企業がビジネスで成功を収めるためには、後発で参入して既存市場から派生した新しい市場を創出することにあります。

一方で、自社が有するコア技術の事業性評価については、既存市場をベースに評価すると事業価値は低くなるかもしれませんが、どの程度の新しい市場を創出できる可能性があるかという観点から評価すると、“枯れた技術”や“使い道が無い”と評価されていた技術に意外な可能性を見出せるかもしれません。

このセミナーでは、なぜ後発企業は新市場創出が望ましいかを理解頂いたうえで、コア技術に対する目線を変えて新市場創出という新たな価値評価軸を持ち、自社コア技術の新たな可能性を見出す考え方と方法を、講師の経験も交えた事例に基づく現実的な課題とも向き合った上で学んで頂きます。

日時 2022年 8月 19日(金) 10:30~16:30  
参加費
受付状況 申込受付中
対象 研究開発部門や新規事業開発部門の方
主催
共催
221444
内容 1.新市場創出とは

1-1.後発だからこそ有利な新市場創出
  ・既存市場の先行企業は近視眼的になっている
  ・既存市場の先行企業は現在の課題に対応している
  ・後発企業は俯瞰的に市場を見ることができる
  ・後発企業は将来の課題に対応する
1-2.新市場創出のケース
  ・市場とは何か
  ・既存市場から派生して新しい市場が創出されるケースとは
  ・新しい価値の提供が新しい市場を生み出す
1-3.新市場創出のメリットと課題
  ・新市場の成長とともに事業を育てる
  ・新市場だからこそ特許を取る
  ・新市場創出ケースの課題は想定が難しいこと


2.コア技術の事業性評価

2-1.事業価値の高い技術とは
  ・機能や性能が高ければ事業価値が高い訳ではない
  ・時代の先を行き過ぎても事業価値は高くない
  ・ユーザーのニーズを満たせば良いとは限らない
2-2.技術の棚卸
  ・要素技術を技術レイヤーで分解する
  ・製品技術、コア技術、基盤技術
2-3.技術評価のポイント
  ・ユーザー目線で技術を評価する
  ・技術の価値の本質とはユーザーのメリットである「効能」
  ・ユーザーが新技術を採用するトリガー
2-4.技術転用により新しい市場を創出
  ・“別の性能・機能”に着目して異なる効能を見出す
  ・性能・機能をユーザー目線で翻訳する
2-5.市場機会の考察
  ・社会の変化から生じる新たなニーズ
  ・ビジネスとして変化を捉える
  ・いかにして将来の課題を見出すか


3.新市場創出の可能性と市場想定

3-1.既存市場から新市場創出の可能性を検証
  ・効能の明確化による事業ドメインの検討
  ・シーズ技術の効能からターゲット市場を明確化
  ・効能をベースに競合を把握
  ・STP分析
  ・いかにして市場を細分化するか
  ・ターゲティングの本質は「捨てる」ことにあり
  ・ポジショニングマップによる事業領域の明確化
3-2.新市場の想定
  ・市場規模と市場成長性の評価
  ・市場規模の想定方法
  ・競争優位性の評価
  ・リスク評価


4.おわりに



※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影・お申込者以外のご視聴はご遠慮ください。



【本セミナーはZoomを利用して開催いたします】

視聴用アカウント・セミナー資料は、原則として開催1営業日前までにメールでお送りいたします。
※最新事例を用いて作成する等の理由により、資料送付が直前になる場合がございます。

動作確認ページ

ネットワーク環境により(社内のセキュリティ制限等)ご視聴いただけない場合がございます。事前に上記「動作確認ページ」のリンクより動作確認をお願いいたします。

備考 会員 41,800円(本体 38,000円) 一般 46,200円(本体 42,000円)
講演者 知財務株式会社 古庄宏臣 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル