【講師】第一芙蓉法律事務所

弁護士
木下 潮音 氏
【略 歴 】 早稲田大学法学部卒。 1982 年 10 月司法試験合格、 1985 年 4 月司法修習終了。 1992 年イリノイ大学カレッジオブロー卒業、 LLM 取得。 1985 年 4 月弁護士登録、第一東京弁護士会入会。同年同月、橋本合同法律事務所入所。 1986 年 11 月第一芙蓉法律事務所設立に参加。 2004 年 4 月第一東京弁護士会副会長就任( 2005 年 3 月退任)、2010 年 4 月 東京大学法科大学院客員教授就任( 2013 年 3 月退任)、 2013 年 4 月東京工業大学副学長就任、現在に至る。経営法曹会議常任幹事。【著書 ・執筆 】 『長時間労働防止、健康経営のための労働時間管理』(月刊経団連)、『最近の過労死(過労自殺を含む)をめぐる判例と長時間労働の是正(座談会)』(労働判例 No1101 )、『ローヤリング労働事件』(労働開発研究会、共著)、『改正労働契約法の詳細Q&A でみる有期労働契約の実務』(第一東京弁護士会労働法制委員会)、その他多数。

 

 

お申込フォームにて「オンライン受講」「会場受講」のどちらかをご選択ください。




日時 2022年 8月 23日(火) 14:00~17:00  
参加費
受付状況 申込受付中
対象 ・人事労務部門、総務部門、法務部門、経営管理部門、監査部門など関連部門のご担当者 / ・管理職の方
主催
共催
221149
内容 1 業務上のストレスによる精神疾患の現状

2 労災認定基準
(1)「心理的負荷による精神障害の認定基準」
(2) 長時間労働と精神疾患の労災認定の関係
(3) 過労死認定基準

3 コロナ感染症の拡大とメンタルヘルス

4 メンタルヘルスにおける安全配慮義務とはどのような内容か
(1) 二つの電通事件
(2) 安全配慮義務違反の具体的内容
(3) 企業が負う責任の内容

5 メンタルヘルスに関する企業のリスク

6 職場におけるメンタルヘルスケア
(1)「労働者の心の健康の保持増進のための指針」
(2) 上司の役割
(3) ストレスチェック制度

7 職場での具体的な対応
(1) 職場に頻発している問題
(2) 具体的な職場での注意点

8 メンタルヘルスを巡る裁判例 


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。


◆受講形式のご案内

【オンライン受講の方】


視聴用アカウント・セミナー資料は、原則として開催1営業日前までにメールでお送りいたします。
※最新事例を用いて作成する等の理由により、資料送付が直前になる場合がございます。

【動作確認ページ】
https://deliveru.jp/pretests/video

ID livetest55
PASS livetest55

ネットワーク環境により(社内のセキュリティ制限等)ご視聴いただけない場合がございます。事前に上記「動作確認ページ」のリンクより動作確認をお願いいたします。

LIVE配信セミナーは、協力会社である株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Delivaru」を使用します。(お申込者様のメールアドレスを(社)企業研究会、講師、㈱ファシオで共有いたします)



【会場受講の方】

お申込完了後、自動返信メールにて受講票をお送りいたします。

会場
『企業研究会セミナールーム』
〒110-0015 東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル

備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 第一芙蓉法律事務所 弁護士 木下潮音 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
tamiaki@bri.or.jp
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル