【講師】のぞみ総合法律事務所

弁護士
川西風人 氏
京都大学法学部卒。M&A、コーポレートガバナンス、ベンチャー法務等を中心に取り扱うとともに、米国ロースクールへの留学、シンガポールの法律事務所での駐在、国内大手総合商社法務部への出向等の経験を経て、海外法務も得意としている。SDGs・ESGについても、ビジネスへの影響という観点からわかりやすく解説する。
著書:「スタートアップが売り手になるM&Aにおいて留意すべきこと/スタートアップが知っておくべきM&A入門(2)」共著(日本情報マート「りそなcollaborare」掲載2022年2月)、「SDGs・ESG を踏まえた M&A のあり方」(株式会社インテグレックス「ホットプレス」掲載 2021年5月)、「Q&Aでわかる 業種別 下請法の実務」共著(株式会社学陽書房 2021年4月)

 

 

お申込フォームにて「オンライン受講」「会場受講」のどちらかをご選択ください。





【開催にあたって】

機関投資家を中心とする様々なステークホルダーが、企業のESGに関する取組みに注目しています。日本でも、改訂CGコードにおいて、プライム市場へ上場する企業に対しTCFDの枠組みによる気候変動関連情報の開示が求められるなど、ESG開示は喫緊の課題となっています。また、海外では、IFRS財団がISSB(国際サステナビリティ基準審議会)を設置し、サステナビリティに関する国際的な報告基準の策定に取り組む等、開示指針の策定・開示等の法制化の動きも進んでいます。そのため、ESG開示について、その全体像や基礎的な概念を理解しておくことの重要性は、これまで以上に高まっているといえます。

本セミナーでは、ESG開示についての国内・海外の動向を紹介した上で、重要性の高い気候変動関連情報開示を中心に検討し、TCFDの枠組み等の基礎的理解を深めるとともに、開示実例を踏まえ具体的なイメージを持てるようになることを目標とします。また、日本企業にも影響する欧州におけるESG開示・ESGデューデリジェンスの概要についても説明します。

日時 2022年 8月 18日(木) 14:00~16:30  
参加費
受付状況 申込受付中
対象 経営企画部門、経営管理部門、広報部門、IR部門、CSR部門、環境部門、コーポレートコミュニケーション部門など関連部門のご担当者様
主催
共催
221497
内容 1. ESG開示の近時の動向
 1) SDGs・ESGの経営における重要性の高まり
  ①ESG投資の拡大
  ②強力な輸入規制措置
  ③グローバル企業におけるサステナビリティへの配慮
  ④レピュテーションへの影響
 2) 国内におけるESG開示の状況
  ①ESG開示の要請
  ②開示媒体
  ③開示枠組み
 3) 海外における開示指針策定の動向を知る
  ①IFRS財団の動向
  ②TCFDの動向
  ③CSRDに関する動向

2. 気候変動関連情報開示の基礎~実例を踏まえた検討~
 1) 気候変動関連情報開示の要請の高まり(CGコードにおけるTCFDへの言及)
  ①気候変動対策に関する国際的動向
  ②CGコードにおける気候変動関連情報への言及
 2) TCFD設置の背景とは
 3) TCFDの基礎を理解する
  ①TCFD提言の4つの中核的要素(ガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標)
  ②シナリオ分析
 4) 開示実例でイメージをつかむ
 5) 法定開示との関係
 6) 今後必要となる対応

3. EUにおけるESG開示・ESGデューデリジェンスの法制化の現状
 1) サステナビリティ開示に関する新指令(CSRD)の概要
 2) CSRDが日系企業へ及ぼす影響とは
 3) ESGデューデリジェンス法案の概要
 4)ESGデューデリジェンス法案が日系企業へ及ぼす影響とは
  ①EUにおけるデューデリジェンス義務化への動き 
  ②適用対象企業と対象企業の義務
  ③取締役の義務
  ④民事責任・制裁
 5)日本における人権デューデリジェンスへの示唆
 6) 今後のスケジュール


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。


◆受講形式のご案内

【オンライン受講の方】


視聴用アカウント・セミナー資料は、原則として開催1営業日前までにメールでお送りいたします。
※最新事例を用いて作成する等の理由により、資料送付が直前になる場合がございます。

本セミナーはZoomを利用して開催いたします。

動作確認ページ

ネットワーク環境により(社内のセキュリティ制限等)ご視聴いただけない場合がございます。事前に上記「動作確認ページ」のリンクより動作確認をお願いいたします。



【会場受講の方】

お申込完了後、自動返信メールにて受講票をお送りいたします。

会場
『企業研究会セミナールーム』
〒110-0015 東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル

備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 のぞみ総合法律事務所 弁護士 川西風人 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
tamiaki@bri.or.jp
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル