【講師】法政大学経営大学院

イノベーション・マネジメント研究科教授 
公認会計士・システム監査技術者
石島隆 氏
1980年、中央大学商学部卒業。83年、公認会計士登録。監査法人サンワ東京丸の内事務所(現有限責任監査法人トーマツ)、㈱オービックビジネスコンサルタントを経てセンチュリー監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所。98年、代表社員。2003年、大阪成蹊大学現代経営情報学部(現経営学部)助教授。この間、  日本公認会計士協会情報システム委員会(現IT委員会)委員、経済産業省・企業のIT統制に関する研究会委員等を歴任。07年より現職。03年より三栄源エフ・エフ・アイ㈱社外監査役、10年よりアルテ監査法人パートナー、12年より金融庁契約監視委員会委員、日本金融監査協会事務局長、17年より巣鴨信用金庫非常勤理事、19年よりシステム監査学会会長、㈱未来樹脂社外取締役等を兼務。著書に『情報システムの内部統制』中央経済社、『ITのリスク・統制・監査』(共著)同文館出版、『情報システム監査』(共著)学陽書房、『情報品質の研究』(共著)中央経済社他。各種団体等での講演、セミナー実績多数。



【開催にあたって】

内部統制報告制度の導入後も、我が国の製造業における不正会計事例が後を絶ちません。不正会計は、金銭等の着服と粉飾決算に大別されますが、今回のセミナーでは主として粉飾決算を対象にします。

本セミナーでは、まず、IT利用監査とデータ分析の手法について説明した上で、製造業における不正会計リスクとデータ分析の体系を解説します。次に、今回のメインテーマである海外子会社における不正会計事例に対するデータ分析の適用について詳細に解説し、最後に、不正会計発見のためのデータ分析の着眼点と手法についてとりまとめを行います。

特に、代表的なIT利用監査ツールの機能と、最近注目されている「プロセスマイニング」技術の活用方法については、それぞれツールの画面イメージを示して具体的に解説します。

是非この機会に関係各位の積極的ご参加をおすすめいたします。

日時 2022年 8月 18日(木) 13:00~17:00  
参加費
受付状況 申込受付中
対象 内部監査部門、監査役(監査役室)、情報システム部門、総務・法務部門他のスタッフ、マネジャーの方々
主催
共催
221421
内容 1.IT利用監査とデータ分析の手法
(1) IT利用監査の準備と監査業務の流れ
(2) 代表的なIT利用監査ツールの機能

2.製造業の不正会計リスクとデータ分析の体系
(1) 不正会計の定義と財務諸表の粉飾の手口
(2) 不正会計発見のためのデータ分析の体系

3.製造業の海外子会社における不正会計事例とデータ分析の適用
(1) 海外子会社の不正会計リスクと管理体制・モニタリング体制
(2) 海外販売子会社における不正会計事例
(3) 海外製造子会社における不正会計事例
(4) 複雑な取引を用いた不正隠蔽事例
(5) プロジェクト型事業における不正会計事例

4.不正会計発見のためのデータ分析の着眼点と手法
(1) 不正会計の手口と会計データ・業務データへの影響
(2) 業務プロセスの順序と統制内容に着目したデータ分析の手法
(3) 「プロセスマイニング」技術の活用方法
(4) 物品・サービスの流れとキャッシュフローとの対応関係に着目したデータ分析の手法


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影・お申込者以外のご視聴はご遠慮ください。



【本セミナーはZoomを利用して開催いたします】

視聴用アカウント・セミナー資料は、原則として開催1営業日前までにメールでお送りいたします。
※最新事例を用いて作成する等の理由により、資料送付が直前になる場合がございます。

動作確認ページ

ネットワーク環境により(社内のセキュリティ制限等)ご視聴いただけない場合がございます。事前に上記「動作確認ページ」のリンクより動作確認をお願いいたします。

備考 会員 35,200円(本体 32,000円)一般 38,500円(本体 35,000円)
講演者 法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科教授 公認会計士・システム監査技術者 石島隆 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル