【講師】公認会計士・公認内部監査人・米国公認会計士(現在inactive) 

藤井範彰 氏
30余年の監査法人勤務の内、約20年は会計監査に従事しながら、アンダーセンでは監査アプローチの研修・普及活動や公認会計士協会本部の活動(国際委員会副委員長、会計制度委員会副委員長、監査基準委員会委員他)にも専念。続く10余年は、内部監査、内部統制、リスクマネジメント、不正調査に特化し、アンダーセン消滅後は朝日監査法人代表社員を辞してPwC(中央青山監査法人)に移り代表社員も務め、その後、J-SOXの制度化を前に招聘に応じて復帰した新日本監査法人(E&Y)で内部統制支援本部統括部長、ビジネスリスクサービス部長、FIDS(不正対策・係争サポート)部長等を歴任。2012年、シニアパートナーを辞任し、ボルボ・グループで日本の内部監査統括を務め、同グループ会社UDトラックス㈱の監査役を7年間務めた後、現在、内部監査や不正対応・ガバナンス関連の講演や研修・執筆・アドバイザリー業務に従事。 
【最近の著書】「内部監査のプロが書く監査報告書の指摘事項と改善提案」同文館出版2016年で2017年度日本内部監査協会青木賞受賞。2019年9月同書第2版出版。他にも著書「内部監査の課題解決法20」2012年税務経理協会・「内部統制の実務Q&A」( 編著) 新日本監査法人編、東洋経済新報社 2007年、論文「内部監査のアシュアランスの本質論」日本内部監査協会月刊監査研究2018年7月号、「内部監査報告書の本質論と実務対応」同2017年5月号等多数。 

日時 2020年9月4日(金)14:00~17:00  
102-0085 東京都 千代田区千代田区六番町15
参加費
受付状況 申込受付中
対象 内部監査、内部統制部門及び監査役室、リスクマネジメント担当部門 他の部門長、マネジャーの方々
主催
共催
190365
内容  ■講義:内部監査を支える知識と技術の紹介 <14:00-16:45>

    1.内部監査の専門性の捉え方(専門能力と監査プロダクトとの関係、必要な知識とインフラ)
    2.内部監査におけるリスクベースの理論と実務展開
    3.CSA(統制自己評価)の実践方法(質問書式とワークショップ方式)と内部監査における利用
    4.データ分析による内部監査のレベルアップ
    5.業務監査とは違う経営監査への高度化の道
    

 ■講義をベースとした(グループ)ディスカッション&総括コメント <16:45 ―17:00>
    ~自由討議・意見交換の中から課題解決のノウハウ、ヒントを探り実践に繋げていただきます~
備考 会員 33,000円(本体 30,000円) 一般 36,300円(本体 33,000円)
講演者 藤井 範彰氏 公認会計士・公認内部監査人 米国公認会計士(現在inactive)

お問合わせ

一般社団法人企業研究会小野原(TEL 080-1393-5593)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F