【講師】株式会社ファースト・イノベーテック

川崎響子 氏
大学卒業後、国内メーカーにおいてDRAM開発、また外資メーカーにおいてOA機器や通信機器向けのLSI開発に従事する。(株)リコーにてLSIやハード・ソフト全体組み込みシステム開発、および技術戦略立案に従事する。主に新規事業の立ち上げや新商品の開発やSoC組み込みシステム構想などを行う。また、技術戦略の立案リーダーとして、売上アップにつなげる戦略立案、および開発提案から商品実用化開発までを一貫して遂行する。2017年より(株)ファースト・イノベーテックを立ち上げ、新商品開発に関わるコンサルティングを行う。主な開発商材インクジェットプリンタ、レーザープリンタ・複合機、自動車、IOT商材

【開催にあたって】
製品ライフサイクルの短期化が進む中、事業企画・商品企画部門に限らず、研究開発部門や知財部門が市場ニーズを捉えた商品・サービスを早期に企画開発することが求められるようになりました。

本セミナーでは、継続的な事業拡大に向けた新しい研究開発テーマを企画開発するために必要なベンチマーキング分析の方法、結果をもとに将来ありたい姿を設定し、製品化へと導くためのポイントを解説します。

具体的なベンチマーキング活動における競合ターゲット設定や効率的なベンチマーキングの進め方、研究開発組織としての推進法、また市場ニーズの調査方法や予測分析法を紹介します。また、分析結果をもとにロードマップへ展開するためのポイントを講義と演習を通して理解することができます。

日時 2021年 7月 5日(月) 10:30~16:30  
110-0015 東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル ※2021年5月に移転
参加費
受付状況 申込受付中
対象 研究企画部門、研究開発部門、新規事業部門など関連部門の方
主催
共催
211109
内容 1.製造業におけるベンチマーキング活動

 1.1 現代における取り巻く環境の変化
 1.2 ベンチマーキング概要
 1.3 ベンチマーキング事例
 1.4 組織横断で進めるベンチマーク


2.ベンチマーキング活動の全体像

 2.1 活動の全体像
 2.2 ステージゲート法によるベンチマーキング活動ステップ
 2.3 ベンチマーキング対象の分類例1:アマゾフのマトリックス+α
 2.4 ベンチマーキング対象の分類例2:ファイブフォース
  a.既存同業者
  b.新規参入企業
  c.代替品
  d.売り手・買い手


3.狙うターゲット別ベンチマーキング法:既存事業

 3.1 既存事業向けベンチマーキング目的・ゴール
 3.2 ベンチマーキング計画
 3.3 ベンチマーキング項目事例
 3.4 ベンチマーキング結果分析
 3.5 競合ロードマップ予測


4.狙うターゲット別ベンチマーキング法:新規参入・新市場

 4.1 新規参入・新市場創出ベンチマーキング目的・ゴール
 4.2 ステップで粒度を変えて行うベンチマーキング目標
 4.3 ベンチマーキング項目事例:市場ニーズ調査
 4.4 ベンチマーキング項目事例:競合調査
 4.5 未来予測と課題設定


5.研究開発への展開

 5.1 ベンチマーキング結果の分析(2次情報・1次情報)
 5.2 自社が目指すありたい姿
 5.3 シンプル技術開発の概要
 5.4 継続的な研究開発テーマへつなげるポイント


6.ベンチマーキング演習

 ・ケーススタディによるグループワーク



※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。講義中のPCのご利用はお控えください。
備考 会員 41,800円(本体 38,000円)一般 46,200円(本体 42,000円)
講演者 株式会社ファースト・イノベーテック 川崎 響子 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5834-3922)
東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル