M&A・アライアンスは成長戦略の実現手段として定着したが、一方で失敗事例も後を絶たない。

M&Aの失敗原因は、社内にあると自責の念で捉ええることが、次回の失敗を少しでも減らす第一歩となる。

M&Aの成功のためには、「PMIの成功」に照準を当て、社内の組織のコンフリクトを乗り越えてプロジェクトをけん引できるリーダーが必要である。

本セミナーでは、ディールアドバイザー兼経営戦略コンサルタントとして、また、事業会社においてM&A戦略立案、ディール及びPMIの豊富な実行経験を積んだ講師が、M&A失敗の原因を類型化した上で、実務上陥りやすい落とし穴とその解決策について事例を交えて解説する。


日時 2020年 3月 3日(火)13:30 ~ 16:30  
102-0083 東京都 千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F
参加費
受付状況 申込受付中
対象 経営企画部門、法務部門、経理財務部門、海外事業部門など関連部門のご担当者
主催
共催
191975
内容 1.日本企業にとって典型的な失敗事例の分析
  (1) 競合に負けぬようグローバル化を推し進めたA社
  (2)「後は任せた」と買収先を放置したB社

2.「自責の念」で見えてくるM&A失敗原因の類型

3.失敗を減らす、実務上の解決策と具体的な留意点
  (1)戦略・目的なき買収を防ぐ、M&A戦略の立案
  (2)本業の事業継続リスクの見極めとシナジーの精度向上
  (3)M&Aの検討プロセス構築と「買収を止める」方法
  (4)クロスボーダーPMI(M&A後の統合)におけるガバナンスのグリップの利かせ方
  (5)避けられない「結果主義」のマネジメント
  (6)企業文化の摩擦をどう乗り越えるか
  (7)M&Aの実行組織体制と実務リーダーの役割
  (8)ボトムアップ組織におけるプロジェクト事務局のあり方
  (9)ベンチャー企業と「共創」できるPMIのあり方
  (10)実務リーダーに必要な人間力

4.日本企業がM&A・アライアンスを活用して生き残るための課題





備考 会員 35,200円(本体 32,000円) 一般  38,500円(本体 35,000円)
講演者 株式会社NTTデータ経営研究所 パートナー  人見健 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F