自社の技術開発/研究開発の成果(発明)を営業秘密として適切にブラックボックス化したり、一部だけを特許出願したりすることで、自社の売上を向上させ、利益率を高めることができるビジネスモデルを構築できる場合があります。

特許権の取得やブラックボックス化は、企業収益を向上させるための一つの手段ですから、この手段をうまく利用して自社の売上向上や利益率向上に結び付けることを考えることが必要です。

しかし、これができている企業は多くないように思います。

このセミナーでは、ブラックボックス化と特許出願を組み合わせて、いかにして収益を向上させるか、そのヒントを示します。

具体的には、自社技術を営業秘密としてブラックボックス化する場合のポイント、それを実現するための社内体制の構築法、ブラックボックス化するか否かの判断基準(オープン&クローズの分岐点)などを解説します。

また、ブラックボックス化したはずの技術が漏洩した場合の救済措置(不正競争防止法)や先使用権についても解説します。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2020年 2月 19日(水) 13:00~17:00  
102-0083 東京都 千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F
参加費
受付状況
対象 研究開発部門、知的財産部門、生産部門、事業部企画部門、経営企画部門など関連部門のご担当者
主催
共催
191894
内容 1.概要
 (1)自社技術のブラックボックス化とは何か
 (2)ブラックボックス化した場合のメリット
 (3)ブラックボックス化によって莫大な利益が得られるパターン
 (4)ブラックボックス化した場合に生じるリスク
 (5)ブラックボックス化するために必要なこと

2.ブラックボックス化するか否かの判断基準
   ・オープン&クローズの分岐点について

3.ブラックボックス化を実現するための社内体制の構築
 (1)特許検討会の開催
 (2)社員教育
 (3)退職者対策(秘密保持契約と競業避止義務契約)
 (4)職務発明制度の改良

4.ブラックボックス化した自社技術について他社が特許権を取得した場合への備え
   ・先使用権についての解説

5.技術漏洩した場合の救済措置
   ・不正競争防止法についての解説
備考 会員 35,200円(本体  32,000円) 一般  38,500円(本体  35,000円)
講演者 Kyoshin技術戦略研究所 代表 弁理士・技術士(金属部門)高橋政治 氏
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F