【講師】顧客価値共創堂

桃谷修司 氏
約30年間マーケティングをベースとしたブランド経営、新規事業開発に従事。1990年からP&Gジャパンに17年半在籍。洗濯関連用品一筋で、ブランド経営、グロ−バル新商品開発、アジア地域での家電メーカー・アパレルメーカーとの戦略的コラボを担当、日本での衣料用液体洗剤とドラム式洗濯機普及などに貢献した。その後、日世、シャルレ、味の素で日本・海外での新規事業や組織改革を担当。2019年8月に顧客価値共創堂を創業。「まず顧客にWIN、そして貴社にWIN」をモットーに、顧客価値提供ストーリー(事業コンセプト)作成を中核とする事業計画・マーケティング計画作成支援を行っている。

「ZOOMセミナーお申込の前に以下2点ご確認ください。」

①【回線速度環境 確認のお願い】
URL内の「GO」を押していただき、下記以上の数字が表示されていれば視聴可能な環境です

https://beta.speedtest.net/

DOWNLOAD Mbpsが「50~80」以上
UPLOAD MPSが「30~50」以上




②【動作確認 確認のお願い】
下記URL内「参加する」を押していただき、動作確認をしてください。

https://zoom.us/test



【開催にあたって】
1990年代前半、日本の洗濯関連用品市場で、その会社は3位が指定席でした。1990年代後半から、シェアを伸ばし始めて、現在では国内メーカーとトップ争いをしています。
その原動力は、画期的技術や新製品発売だけではなく、消費者のパーセプション(認識・知覚)の変更、強みを活かすゲームチェンジ、製品単独でなく使用シーン全体で考える異業種提携などマーケティング・イノベーションのチカラでした。その革新事例を4つ紹介し、その考え方を参加してくださる皆様が自分ごととして吸収できる機会を提供します。

日時 2021年 1月 19日(火) 14:00~17:00  
参加費
受付状況 申込受付中
対象 経営企画部門、経営戦略部門、商品事業部門、新規事業部門等、商品開発関連部門のご担当者
主催
共催
201663
内容 1.製品を大きく変えずに新しい機能訴求で、消費者の
  パーセプションをチェンジ
  (講師からの事例説明)主力ブランドが同じように機能と
  主成分を訴求し、消費者から「どれも  同じ」と思われていた。
  万年3位で廃番の声が聞こえ始めたチームが行ったことは・・・。
  (参加者ご自身の業務に当てはめて考えてみるセルフワーク 
  → グループ討議でアイデア共有)

2.セグメンテーション・ターゲッティングで、各グループの
  ニーズに合った価値提供
  (講師からの事例説明)他社とトップ争いをするには複数ブランドが
  必要と分析し、第2ブランドの発売を計画するが、外国での成功事例が
  上手くいかない。そこでチームが行ったことは・・・。
  (参加者ご自身の業務に当てはめて考えてみるセルフワーク 
  → グループ討議でアイデア共有)

3.他社の作ったルール自体を、自社の強みが活かせるものにして、
  ゲームチェンジ
  (講師からの事例説明)上のようなアクションをとりながら、
  担当チームは抜本的な改革を始める。  それは、他社が作った
  市場ルールを破壊して、自社に有利なルールを構築すること・・・。
  (参加者ご自身の業務に当てはめて考えてみるセルフワーク 
  → グループ討議でアイデア共有)

4.使用シーン中に一緒に存在するものを「仲間」にして、
  チームで洗濯全体の価値向上
  (講師からの事例説明)並行してチームは新しい視点での
  取り組みを始める。それは、同じシーンで  一緒に使われる商品と
  協働し、より高い価値を提供すること・・・。
  (参加者ご自身の業務に当てはめて考えてみるセルフワーク 
  → グループ討議でアイデア共有)


*付加サービスとして、ご希望の方お1人お1人に、講義の翌日以降で
 最長2時間の個別相談をzoomや対面などで行います。

※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。
備考 会員 35,200円(本体 32,000円)一般 38,500円(本体 35,000円)
講演者 顧客価値共創堂 桃谷 修司 氏

お問合わせ

一般社団法人企業研究会セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)
東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル 2F